旧・PSPとかauとかとにかくいろいろ


全ての書物を検索 国立国会図書館サーチ

2010.08.17



画像
近年、国立国会図書館の電子データ化が進められているというのは有名な話ですが、その電子データの特徴である書籍の全文検索機能が、インターネットからでも利用できるようになります。

国立国会図書館は古今東西、日本で出版された全ての印刷物が保管されており、一部の書物以外は誰でも借りることができます。1990年代頃から蔵書の電子データ化が進められています。
電子データ化で一番恩恵を受けられる部分とすれば、それは書物の中身までも含めて検索する全文検索機能でしょう。

同図書館は8月17日から、その全文検索機能をインターネットで提供するサービス、「国立国会図書館サーチ(開発版)」を開始しました。


国立国会図書館サーチ
「国立国会図書館サーチ」が公開 | RBB TODAY
国立国会図書館サーチの公開について:国立国会図書館サーチ


国立国会図書館サーチは、現在43のデータベースで構築されており、約5,500万件にも及ぶ情報が検索できます。複数のデータベースに渡る横断検索はもちろん、Amazon、Googleブックなどのオンライン書店のデータも検索対象に含まれています。
他にも翻訳検索や曖昧検索、類義語の検索など、十分すぎる検索機能を提供しています。

現在はまだ開発途中ということなので、収録データも国会図書館の蔵書数に比べれば少ないですが、今後はデータを増やすと共に、APIで他アプリとの連携なども計画されているようです。

本格稼動を開始すれば、Wikipediaのように誰もが日常的に利用する定番サイトになるかもしれませんね。

新[*]古[#]
■コメ(0件) を見る[0]
◆コメを書く[1]
counter