移転しました。転出先はこちら
転出先のRSSはこちら


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

この記事にタグは付けられていません。

スポンサー広告|コメント:-|fr
ブックマークに追加
iconMyYahoo!iconGoogle
iconはてなicondel.icio.us
iconlivedoorClipiconBuzzurl
iconpookmarkiconFC2
SNS にシェア
facebookfacebooktwitterTwitter
mixiチェックmixiチェックGoogle+
No.|--/--/--

【転移なし?】正常細胞を傷つけないガン治療薬

gene
以下引用
鹿児島大学大学院の小戝健一郎教授らのグループが28日、正常細胞を傷つけずに癌(がん)細胞のみを破壊する治療薬の技術開発に成功したと発表した。
薬が実用化されれば、末期がんや進行の速いがんの症状改善も期待できるという。
薬は米国の企業が試作中で、2~3年内に臨床試験を行い、その後実用化される見込み。

がん治療薬技術を開発 鹿児島大・小戝教授ら : 南日本新聞エリアニュース
小戝教授らは、ほとんどの種類の癌細胞で大量に発生する「サバイビン」という遺伝子に着目した。
開発した技術はウイルスを活用しており、癌細胞のサバイビン遺伝子にウイルスが反応し、増殖しながら細胞を破壊する。
ちなみに、このウイルスは正常細胞では増殖せず、マウス実験でその効果が確認された。

小戝教授らは、今回の研究で、ウイルスの遺伝子配列を細かくパーツ化し自由に組み合わせる手法を開発した。
これまで手作業で行われてきたウイルスの作製をシステム化された手順に従えば多種多様にできるようになり、今回の新薬の開発にもつながった。
従来の癌の遺伝子治療は、安全性に問題はなく、治療しようとする癌細胞には有効だったが、転移後の癌細胞には効果がなかった。
また、ウイルスを使った治療法も、同じく癌細胞を効果的に破壊することは可能だったが、正常な細胞と癌細胞の完全な識別ができず、転移・再発の恐れがあった。
小戝教授は「新しい技術を生かしたウイルス薬は、全身の癌細胞だけを殺すことができる。末期、進行がん患者の治療に効果が期待される」と話した。


これは遺伝子治療の大きな一歩となる発明ですね。
ウイルスを上手く利用すれば、いわゆるナノマシンのように利用できるので癌のみならず、他の多種多様な病気にも対応できるってことですよね。
副作用もなさそうですし、これからの治療薬の本命になりそうです。
さらに一度パターンを作ってしまえば、後は全自動でウイルスを生成できるので生産性も高く、費用対効果も良さそうです。

ただ、ほぼ全身に転移してしまった癌の場合にも対応できるとのことですが、それだと体中がこのウイルスだらけになりませんか?
いくら正常な細胞には手を出さないといっても何だか気味が悪いですよね。
それに、ウイルスの遺伝子操作を間違えてしまうとバイオハザードにもなりかねません。
医療に使うものなので安全性にはホント気をつけてほしいです。

実験・臨床等を重ねて安全性が確かめられて、早く実用化されるといいですね。
関連記事

PCB(発癌性)を効率的に分解・無毒化 
原子7個分の大きさのトランジスタ
ジュラルミンを超える最強合金を開発 熊本大
【4年ぶり】ホンダのASIMOがリニューアル
圧電効果で摩擦を軽減 -物質・材料研究機構
太ももの太さが寿命に関係!?
血液はどこから流れ始めるのか

昨年

QR
タグ

この記事にタグは付けられていません。

ニュース:先端科学コメント:2fr
ブックマークに追加
iconMyYahoo!iconGoogle
iconはてなicondel.icio.us
iconlivedoorClipiconBuzzurl
iconpookmarkiconFC2
SNS にシェア
facebookfacebooktwitterTwitter
mixiチェックmixiチェックGoogle+
No.538|2010/05/30
back   home   next

コメントの投稿

※非公開コメには返信できないため、返信が必要な場合は公開コメでしてください。
暴力的、卑猥な言葉、スパムによく用いられる語句は規制しております。

お名前:
URL:
本文:
パスワード(再編集に必要):


コメント

653 名前:- [] 投稿日:2011/07/13(水) 11:21 ID: 

このコメントは管理人のみ閲覧できます


654 名前:koban [URL] 投稿日:2011/07/14(木) 04:03 ID:3Ob1pUCc 【編集

>>非公開 さん
返信が遅れてしまい申し訳ありません。

この件に関しては、実際に病院の先生に尋ねてみるのが良いと思います。

記事によると、同治療薬は転移後のガンにも効果があるとされていますが、まだ「技術開発」に成功した段階であり、その技術や理論を応用した薬はまだ現場で使用されておらず、また、癌に対してどこまで効くのかも未知数です。よって、全身に転移してステージ4に達している癌にも必ずしも効果があるとは言いきれません。
アメリカの製薬会社で新薬の開発が始められていると書かれていますがまだ1年しか経っておらず、この新薬に関する新しいニュースが出回っていないため完成しているとは思えません。
しかし、試作品の類が完成しているという可能性を完全に否定することもできません。もし試作品が完成していたら臨床実験という形で薬を試すことができるかもしれません。

どちらにしても一般個人で製薬会社に問い合わせたり臨床実験に参加することは難しいため、やはり病院の先生に尋ねることが確実だと思います。

曖昧な回答しかできずお力添えになれないことをお許しください。



▲コメントTOP

PSP

+主要CFW導入方法
+初めてのCFW
+アプリケーション
+プラグイン
+PSP活用

PC・ネット

+お勧めフリーソフト
+PC活用

ケータイ

+携帯技

最新コメント

動画サイトから動画抽出「Vid-DL」-2013/01/28
ゲーム中に音楽再生 music.prx for 6.60ME-2013/01/27
ゲーム中に音楽再生 music.prx for 6.60ME-2012/11/26
ゲーム中に音楽再生 music.prx for 6.60ME-2012/11/25
ゲーム中に音楽再生 music.prx for 6.60ME-2012/11/25

激選リンク

相互リンク集

PS Vita コミュニティサイト

PC+GAME徹底活用BLOG
MUGONでPSPやら
カスタムなPSPblog
AllAboutHack
L The Friend Blog
Seventh Heaven
PSPStyle
ゲーム中毒☆
リンネの世界活用術

今週の逆アクセスランク

httpから始まる名前の一部サイトにスパムサイトが含まれています
全アクセス一覧
↑TOP 

文字サイズ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。